最近のゼミナールの教員って、自分のリア充のための生徒っていう位置づけみた

最近のアカデミーの医者、特に若々しい医者は「小学生教師」という状勢よりも、まず初めに個人間としての自分がいるように思います。
自分という一人間の人間時分のの場合の「小学生教師」というのはほんの一部分で、あくまでも生業としての位置づけが著しいように感じました。
キッズが他の子どもにアイロニーされていても、職場を見ていないから対応できないとか、自分たちで何とかしなさいとか、弱い状勢に残るキッズの見方に全力でなってくれる医者がほとんどいません。
「教師やってる身(自身)優秀!充実してる!」って思っているようで、いざこざは打ち切るしなるべくすべてを穏便に済ませようとしています。
当方父兄カテゴリーの小学生の医者って、もっと熱烈だったし、もっとキッズの味覚方だったように思います。父兄に異存されても医者だけは味覚方だった、というような話もよく聞きました。しかし、今の医者は父兄には絶対に逆らわないし、各住まいの考えがありますから、と言ってはみんなを住まいに戻してしまう。それが住まいに問題のあるキッズだったとしても、だ。
確かに住まいのあり方も様々になってはいますが、常識的に考えてもいけないことをやるキッズに対して、堂々と自信をもって情熱をもって体ビンゴできる医者は、もうほとんどいません。「若くても、気力がいらっしゃる、熱意がいらっしゃる」というような医者は、本当に少ないなと感じました。
小学生でそれですから、の場合アカデミーへ行ったらどうなるんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です