最近のアカデミーの医者、特に若々しい医者は「小学生教師」という状勢よりも、まず初めに個人間としての自分がいるように思います。
自分という一人間の人間時分のの場合の「小学生教師」というのはほんの一部分で、あくまでも生業としての位置づけが著しいように感じました。
キッズが他の子どもにアイロニーされていても、職場を見ていないから対応できないとか、自分たちで何とかしなさいとか、弱い状勢に残るキッズの見方に全力でなってくれる医者がほとんどいません。
「教師やってる身(自身)優秀!充実してる!」って思っているようで、いざこざは打ち切るしなるべくすべてを穏便に済ませようとしています。
当方父兄カテゴリーの小学生の医者って、もっと熱烈だったし、もっとキッズの味覚方だったように思います。父兄に異存されても医者だけは味覚方だった、というような話もよく聞きました。しかし、今の医者は父兄には絶対に逆らわないし、各住まいの考えがありますから、と言ってはみんなを住まいに戻してしまう。それが住まいに問題のあるキッズだったとしても、だ。
確かに住まいのあり方も様々になってはいますが、常識的に考えてもいけないことをやるキッズに対して、堂々と自信をもって情熱をもって体ビンゴできる医者は、もうほとんどいません。「若くても、気力がいらっしゃる、熱意がいらっしゃる」というような医者は、本当に少ないなと感じました。
小学生でそれですから、の場合アカデミーへ行ったらどうなるんでしょうか。

「コミックしている時村天風」には影響されました。私の人間ライフに効果を与えたなんてものではありません。人間ライフが変わりました。こういうコミックは実話だ。している時村天風という明治故郷の男性の凄まじい壮大な、信じられないような人間ライフが綴られていらっしゃる。2010年にリリースされたものです。こういうコミックを読んで幾分分死んでいた私の人間ライフが生き返りました。重要の恩人間だ。びっくりが取り去れることが何十回もありました。そんな壮絶な激動の生きちゃんがあるのか?まるで作り話のような人間ライフだ。しかし本物の男性の本当の人間ライフだ。している時村天風という人間は本物の男性なのです、本物の人間間なのです。本当の人間ライフを歩んだのだ。これは実話なのです。ぜひ、引きこもりの方や、耐える方、うつなどで耐える方、病気などで精神的にまいっている方に読んでください。バイタリティーと意気を通じる力をしている時村天風が投入してくれます。92才まで生きた、明治故郷の男性がいまだにこういう平成の人間間に伝えてくれる声明があるのです。平成に通じる者の人間ライフに影響を与えるほどの役に立つ言葉があるのです。4巻まで一気に読みました。立ち寄りません。ぜひこういう「コミックしている時村天風」を読んで、本物の人間ライフを知って下さい。本当の人間ライフを生きて下さい。

ひと1ヶ月ほど前に、上級のレジ決済をしてもらった中年。
どうやらレジ打ちのパートを始めたばかりのようで、どうにもレジ手続が遅かった。
誰でも最初は慣れない手続だし、仕方が薄いよなぁと最初は生暖かい眼でレジウェイティングの列で並んで見ていました。
でも、見ているうちに「中年、それはないだろう」とおもう事が多々あって、だんだんとイラッとしてきてしまいました。
例えば複数の物があった案件、個数を数えてまとめ打ちした方がレジは手早くなるだろうに、中年は手に取った物毎にスキャンをする。
普通はスキャン後の物を飛ばすかごに、重苦しい物を先にスキャンして据え置くと思うのですが、
中年は手に取った順なので、ヨーグルトの上にビールの6缶構成を平気で乗せる。
中年、そりゃあ薄いだろう!もしもそのヨーグルトが棄損したらどうやる真意です。
そんな事も考えずにレジ打てばいいとでも思っているのか?とイライラしていると、上級の偉い人だろう男性の人が支援に入りに来ました。
見た目、にこやかに客席のマッチに加わった旦那ですが、気力中年にイライラやるのが見てとれました。
中年だって、客席として上級でレジ打って貰う実態あるだろうし、今後は少しづつ物のかご書き入れもうまくなってよ、と思いながらその場を去りました。
しかしそれからはじめヶ1ヶ月ほど経った近頃、おんなじ中年にレジを打って貰うハメになりました。
中年は卵の構成の上に、2リットルのペットボトルを置いてくれました。
中年、いいかげんに学習してくれよ!と心のの間で盛大に指摘つつも、文句を言えない小心者な消費者のボクなのでした。